竹松旅館のおもてなし
トップ > 竹松旅館のおもてなし

和風情緒あふれる、まごころの宿

春は、たらの芽・山うど・ふきのとう・せりなどの山菜が名物。秋になると「マツタケ旅館」と呼ばれるほど遠路からはるばる訪れる常連のお客様も多く、おいしい地元産きのこを使った家庭的なおもてなしがご好評いただいております。以前にテレビのクイズ番組で全国放送され、大きな話題になった珍しい「マツタケ風呂」もございますので、秋ならではの至福の香りとともに、旅の疲れを癒してください。
山菜やきのこ料理のほかにも、信州の三大珍味として知られる蜂の子、ザザムシ、いなごもご用意しております。
当館自慢の蒲焼きや馬刺しも是非お召し上がり下さい。 

竹松旅館写真

すべて、女将が腕によりをかけた料理です

当竹松旅館の料理を、お客さまが「おいしい」「あすへの活力が出る」と舌鼓を打ってくだされば、私どもはこの上ない喜びでございます。評判をいただいております信州産の松茸料理は、松茸と馬肉のすき焼き、焼き松茸、松茸の刺し身、松茸寿しをはじめ、多彩にご用意できます。おかげさまで、これら松茸料理は「マツタケ旅館」の愛称をちょうだいするほどの名物となっております。このほかにも女将が腕によりをかけた料理の数々で、みなさまをお迎え致します。ご堪能いただければ幸いでございます。

料理写真

100年前から変わらないまごごろのおもてなし

当竹松旅館の創業は明治時代にさかのぼり、以来、ご利用くださった皆さまのおかげをもちまして現在まで100年にわたって営業を続けさせていただいております。このごろは、信州・高遠を桜のお花見で訪れたお客さまや、部活動などの合宿で訪れたお客さま、そして旧跡・名所の観光で訪れた家族連れのお客様に、よくお泊まりいただいております。学生時代の合宿で利用されたお客さまが成人されて、奥さまやお子さまと再び利用していただくことも。1世紀の歩みを糧に、今後も変わらぬ真心のおもてなしに心を尽くしてまいります。

歴史写真

寛ぎの入浴タイムはマツタケの香りに包まれて

当竹松旅館の浴場へは、信州・高遠にわき出た湯の恵みの天然温泉「信州高遠温泉」(良質なアルカリ性単純温泉)を引いております。この温泉は、肌にまとわりつくような程良いぬめりもあり、「体のしんから温まる」「肌がしっとりする」と評判で、遠くから繰り返し訪れる人たちもおられるほどの人気の高い湯です。さらに、この湯船に秋の味覚の王様を惜しげもなく入れるのが、当竹松旅館の名物の「マツタケ風呂」でございます。決して他にはない、松茸の芳香に包まれた入浴タイムでぜひ、ご寛ぎを。

お風呂写真
takematu-matutake.com
このページのトップへ戻る